電脳的社長ブログ1               > 保険の話 > 【保険】ファイナンシャルプランナーのひとり言⑥なぜ、私は生命保険の話にこんなにも熱くなるのでしょうか?
保険の話

【保険】ファイナンシャルプランナーのひとり言⑥なぜ、私は生命保険の話にこんなにも熱くなるのでしょうか?

寄稿いただいているファイナンシャルプランナーの方から自己紹介を頂きました。

——————下記に示します。

    ~いまさらながら、自己紹介です①~

13年前のことです。

友人の紹介で、生命保険の営業マンに会いました。

当時は36歳。

妻がひとり(あたりまえですが・・)子供が3歳と2歳の4人家族です。

もちろん、生命保険なんてまったく興味がありませんでした。

とはいえ、学生時代の後輩が当時の明治生命でしたので、

その後輩より生命保険には加入していました。

そして、実際にその営業マンの話を聞いてみると・・。

実は、保険に加入してほしいという話では、まったくありませんでした。

□ライフプランの話

□社会保障の話

□保険の仕組みの話

□生命保険料は、10年ごとに上がっていく・・という話

いまでも、覚えているのはこの4つです。

特に、保険の仕組みの話は今でも強烈に覚えています。

すぐに自分の保険を調べて、明治生命の後輩に来てもらい、

あらためて・・保険の内容を説明してもらいました。

そして、その内容は・・?

(ご想像どおりかもしれませんが、後で書きます)

これが、私が生命保険というものを真剣に考え出した最初でした。

当時、私はハウスメーカーの営業でした。

日本で一番大きい会社です。

毎日、新築住宅や賃貸住宅のお手伝いをさせていただいておりました。

当時のハウスメーカーで家を売っていましたが、モチロン

自分の会社の建物が1番!と思ってました。

正直な話は、思うようにしていました(笑)

家の新築の場合は・・

お客様はいろんなメーカーや工務店などを比較して、

工法、外観、内装、金額などを比較検討して最終的に決めますよね。

でも、そもそも、生命保険の場合は選択肢があまりない。

あっても細かい部分の比較検討で、大きな保険の仕組みは変わらない中での、

選択になってます。

多くの方が、「あなたにはこの最新の保障内容がピッタリです」と、

言われて入っているのではないでしょうか。

これは、お客様のせいではなく、生命保険会社の売り方のスタンスです。

結果・・、『掛け捨ての保険』ばかりになってしまうんですね。

なんといってもこの保険は保険会社が儲かりますので・・。

掛け捨てで無い保険は・・、

保険会社が儲からない。

だから、あまり積極的には売らない。

CMもしない。

(私は、過去に見たことはありません)

どうして、生命保険会社は、

お客様のためになる(と、私は信じていますが・・)保険を

紹介しないのでしょうか?

誤解の無きように一言触れておきます。

掛け捨ての保険が悪いといっているのではありません。

良いところ、メリットはたくさんあります。

大切なことは、他の選択肢もあるのに、それしか紹介をしないという

営業スタンスはいかがなものでしょうか?ということ。

掛け捨て保険の良いところ、悪いところを理解した上で、

それを選ぶのならば、何の問題はありません。

これは、古い業界体質そのものです。

この業界体質は2011年のいまでも残っています。

なぜなら、いまでも“石川○の保険”や“み○いサポート”などのCMが

ガンガン流れていますので・・。

「自分の保険はそんなことになっていたんだ!?」

「はやく気づいてよかった。知らずに60歳になっていたらと思うとゾッとする」

「日本の生命保険会社では、誰も教えてくれない」

このような当時の自分が感じたことをひとりでも多くの方に知ってほしい!

そんな思いで、ブログなどを書き始めたりもしました。

その後、ご縁があり、自分が生命保険会社に身を置くことになりました。

梶原社長とは、そのハウスメーカー時代からのお付き合いです。

私の申し上げたいことはひとつです。

『生命保険だけが持つ、魔法の力を知ってほしい』

その魔法の力のひとつが、お金が貯まる・・こと。

この仕組みを知ったら、仰天するかもしれません。

少なくとも、私は、感動しました。

それ以来、私は掛け捨ての保険が嫌い・・になりました。

(くどいようですが、掛け捨ての保険にはたくさんのメリットがありますよ)

でも、掛け捨てのものはできればゼロにしたいと、いつも考えています。

さて、最後に当時の私の保険ですが、

私の大嫌いな・・“すべてが掛け捨て”の保険でした。

しかも、毎月の掛け金が・・という典型的な保険会社が儲かる保険でした。

それ以来、モットーは

『大切なお金なので、1円もムダにできません』になりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月3日木曜日 17:19:14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.