電脳的社長ブログ1               > 保険の話 > 【保険】ファイナンシャル・プランナーのひとり言 知らないだけで、大きな損をする!? ~学校で教わらない「社会保障制度」~
保険の話

【保険】ファイナンシャル・プランナーのひとり言 知らないだけで、大きな損をする!? ~学校で教わらない「社会保障制度」~

知らないだけで、大きな損をする!? ~学校で教わらない「社会保障制度」~

先日、大学で家庭経営に関して講義をしている・・という女性の話です。

その内容で、興味深い話がありましたので紹介をします。

その方は授業の中で、生活設計を考える基礎資料にして欲しいと、

学生に生命保険や損害保険の仕組みを話しているそうです。

「最初の生命保険はロンドンのセントポール寺院で牧師さんたちが作った香典前払い組合です。

いいことを思いついた・・と思いませんか?」

「でも、この組合は長くは続かなかったのですが、何でだと思いますか?」

「損害保険は大航海時代に船の難破や海賊に襲われたりするリスクに

対応するために出来た仕組みです。 ベニスの商人は知っているでしょう。

だから、損害保険会社には○○海上という名前の会社があるんです」

といった保険の歴史を話すと、とても分かりやすく保険制度が説明できるそうです。

私も聞きたいくらいの興味深い内容です。

ところが面白がっているのは講師だけで、学生はどうも興味がなさそうで退屈そう・・らしいです。

無理もないですね。 ベニスの商人も知らないし、

花の21歳、前途洋々、厳しい就職戦線への参戦もまだだし、

人生のリスクなんて現実のものとしては考えられないのでしょう。

また、クルマで通う学生に「車の任意保険の保険証券のコピーを提出しなさい」というと・・、

自賠責保険証を持ってくるのはまだいい方で、

生命保険証券やら、おじいちゃんの健康保険証(車の名義がおじいちゃんらしい)など、

いろいろ持ってくる・・らしい。 笑い話ではないのです。

高校までの授業で、社会保障制度やそれを補完する民間保険について学ぶ機会はほとんどありません。

学んだとしても身についていないのでしょう。

保険について知らないので、就職して勧められるままに、

あまり考えずに保険に加入している若者もいます。

また、リスクを怖れるあまり必要以上の保険に加入している方、

ゆとりがあり保険などなくてもその時々に十分対応できるのに、

さらに保険で備えている方、 反対に経済的理由で保険に加入できず、

無保険のまま何かが起きてますます困窮してしまう・・などの例があります。

今の日本の高校までの教育では社会保障の仕組みを教えられる機会が、

ほとんど無いです。

実際に社会人になっても、特別なことが無ければ、

社会保障制度に触れることもこともありません。

社会保障制度は知っているか、知らないか・・だけの違いです。

あらかじめ知っておくだけで、得をすることも多い。

反対に、知らないだけでおおきな損することも・・。

たとえば・・ ケガ・病気で、会社を数ヶ月休まなければならないときに、

健康保険組合が助けてくれる制度をご存知ですか?

そもそも、一家の大黒柱であるご主人に万が一のことがあったときには、

国からお金をもらえる制度とその金額をご存知ですか?

これを知らずに、言われるままに保険に加入すると、

大切なお金をどぶに捨てることになるかもしれません。

そういう私も自分のこととなると・・、 貯蓄を目的に一時払いの保険に入って、

だんだん利回りが下がっているのに満期になると、自動で続けていたりしています。

忙しさにかまけて保険のメンテナンスはなおざりになっています。

医者の不養生みたいなものです。戒めないといけませんね。

円高の今こそ、保険の見直しもしなければと思っているこの頃です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月3日木曜日 17:13:25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.