日々つれづれな話

【優遇措置】贈与税にまつわる話

藤沢法人会の藤法ニュース、FUJIHOH NEWSの税金よもやま話を毎回楽しみにしています。

税金(国税)にまつわる話をが書かれていまして

中には大変筆の立つ方もいらっしゃり、かたい税金の話を分かりやすくまた

おもしろおかしく書かれた方もおられました。

今回は、現在お話のある方にも関連する贈与税のことですので転載します。

——————以下引用

一住宅取得等資金の贈与は今がチャンスー

今回は住宅取得等資金の贈与についてです。

[important]

父母や祖父母などから住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税限度額が拡充

されることになりました。

[/important]

平成21年中の非課税限度額は500万円でしたが、このたびその内容に改正がありまし

た。

・平成22年中に住宅取得等資金の贈与を受けた者の非課税限度額1500万円

・平成23年中に住宅取得等資金の贈与を受けた者の非課税限度額1000万円

1.制度の概要

この制度は平成21年1月1日から平成23年12月31日までに、その直系尊属(父母や祖父母など)

からの贈与により住宅用家屋の新築、取得又は増改築等に充てるための金銭(以下「住宅

取得等資金」といいます)の取得をした者が、一定の住宅用家屋の新築、取得又は増改築

等をした場合、その贈与により取得した住宅取得等資金のうち一定の金額については、贈

与税が非課税とをる制度です。

2.受贈者の要件この特例の適用を受けるためにはいくつかの要件を満たす必要がありま

す。

(1)住宅取得等資金の贈与をした者が直系尊属(父母や祖父母など)であること。

(2)贈与を受けた時に日本国内に住所を有すること。

または贈与を受けた時に日本国内に住所を有しないものの日本国籍を有し、かつ、受贈者

又は贈与者がその贈与前5年以内に日本国内に住所を有したことがあること。

(3)贈与を受けた年の1月1日において20歳以上であること。

(4)贈与を受けた年の合計所得金額が2000万円以下であること。

平成22年までの贈与については上記(4)の要件を満たさない場合でも非課税の特例を適

用できますが、非課税金額は500万円が限度となります。

3.−定の家屋及び増改築等の要件家屋の登記簿上の床面積が50平方メートル以上であ

り、中古の家屋の場合は耐火建築物かそうでないかによって築年数に制限があります。

なお、家屋を業務の用にも供する場合には床面積の2分の1以上に相当する部分が専ら居

住用でなくてはなりません。

増改築等の場合には、工事に要した費用が100万円以上あり、居住用部分の工事費が全体

の工事費の2分の1以上でなければなりません。

4.ポイント

(1)贈与するのは住宅等を取得するための金銭であることです。

この制度は住宅着工件数の増加など経済対策の意味合いをもっていることから、土地や家

屋の名義を変更することによる贈与は対象とはなりません。

(2)対象となるのは父母や祖父母などから子や孫への贈与となりますが、子や孫の配偶

者は対象とはなりません。

(3)受贈者の一定の親族など(例えば配偶者や生計を一にしている親族)特別の関係の

ある者からの土地家屋の取得や請負契約なども対象とはなりません。

(4)住宅取得等資金贈与を受けた翌年の3月15日までに家屋を自己の居住の用に供する

ことが要件となりますが、間に合わない場合には12月31日までに自己の居住の用に供す

れば対象となります。

なお、贈与を受けた年の翌年の12月31日までにその家屋に居住していないときは、新非

課税制度は適用されず、修正申告が必要となり贈与税を納めることになりますのでご注意

ください。

(5)贈与者の死亡前3年以内の贈与資産については、通常その贈与財産も含めて相続税

を計算することになりますが、この非課税の特例での住宅取得等資金相当額は贈与者の死

亡時に相続税の課税価格に加算する必要がありません。

資産の移転をするには有利な制度だと思われます。

非課税となる金額について・平成22年分の贈与【平成21年分で非課税の特例を適用して

いる場合】1500万円一平成21年分で適用した非課税金額【平成21年分で非課税の特例

を適用していない場合】1500万円平成23年分の贈与【平成22年分で非課税の特例を適

用している場合】1500万円一平成22年分で適用した非課税金額【平成22年分で非課税

の特例を適用していない場合】1000万円となります。

この制度の適用を受けるためには、贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までの間

に、贈与税の申告書に計算明細書等の書類を添付して納税地の所轄税務署に提出する必要

があります。

詳しい内容や適用要件については税理士にご相談ください。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月2日水曜日 06:27:39

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.