茅ヶ崎市「I」様邸

【建築確認】増築時の偏心率

増築時の確認申請の問題に偏心率が有りそれを満たさないと申請を受け付けてもらえません。

その偏心率とは、建物の高さに応じて離れを決めるというものです。

既存の部分と増築する部分とを離さないと建築確認がおりないので

二つの建物高さ(軒高)を足して一定の数値で割ると離れが出、それで工事することになります。

地震時の対策として増築の接続部分を強固に接続するよりも

柔軟的に接続したほうがかえって建物ためには被害が小さくなっていいかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年9月28日土曜日 05:56:20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.