電脳的社長ブログ1               > 日々つれづれな話 > スピード写真の功罪で生じたエピソード
日々つれづれな話

スピード写真の功罪で生じたエピソード

前述、運転免許の写真を撮るのに警察の近くの写真店脇のブースに行って撮影。

便利なものでイスに座って料金を入れると

「免許の種類はなんですか?」と聞かれ運転免許証を選択してOKボタンを押すと

撮影後「この写真でよろしいですか」と撮り直しのオプションまである。(^。^;)

プリント後写真をカットして欲しかったので

写真店に入って店主へ写真をトリミングしてもらいながら四方山話。

私 「スピード写真とスタジオで撮る写真とは違うんですかねぇ。」

店主「いやぁ、全然違いますよ。特に女の方は嫌いますね。」

とのこと。自分は全然気にしていなかったが

発色が違うらしい。

↓続き

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

店主「就職活動の方が面白いことを言っていましたよ。

スピード写真、写真屋の写真、スタジオの写真はカップラーメンと、自炊のラーメン、

ラーメン屋のラーメンの違いだそうです。それと、自分の知人が大手の会社に勤めているんですが

面接書類審査のおりにスピード写真で撮って履歴書に張ってくるものは

『わが社をバカにしているのか』と言って、書類をわけておくそうです。

自分も2種類とってみましたが比べてみると確かに違いますね。」

と、今まで自分は気にかけていませんでしたが

世間ではこのような評価をしているのかと驚きます。

で、自分は運転免許にスピード写真を使いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月25日金曜日 17:50:03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.