電脳的社長ブログ1               > 日々つれづれな話 > 年賀状の時節で感じるプリンターの進化とは
日々つれづれな話

年賀状の時節で感じるプリンターの進化とは

年賀状を出す時節になりました。

以前はインクジェットや4リボンだったかのパーソナルプリンターを使い印刷していました。

4リボンのものだとカラー印刷では印刷エリアを4往復します。

SCSIでパソコンへつないでいました。今はUSBなので死語でしょうか。

それで用紙の送りエラーなどがでるので250枚裏面を印刷するのに二日ほどかかっていました。

それが今では宛名面と裏面が二時間ほどでできてしまいます。

カラーレーザープリンターを使っているせいもあります。

印刷面がにじまないし、擦れていない。定着もいい。便利ですしアイテムの進化を感じます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月25日金曜日 17:47:36

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.